忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サイズ


サイズ表記。アパレル関連のネットショップを運営している場合、色々と記載する項目が多いと思います。サイズはもちろん、ウエスト、ヒップ、総丈、太もも周り、ふくらはぎ周り、靴のサイズ、甲高、足幅など、直接手に取って商品を見ることが出来ない訪問者のためにありとあらゆる情報を提供しなくてはなりません。商品が分かりやすい写真の掲載はもちろんのことですが、それも写真の商品の写真1枚というわけにはいきませんから、その写真は数枚掲載する必要があります。ネットで服を買う人は、大きいサイズの服を求めていることが多いです。店舗での対面販売で大きいサイズの服を買うのが恥ずかしいという心理から、ネットで大きいサイズの服を買う人が増えているというのです。あとは、恥ずかしいというのもありますが、実店舗では大きいサイズの服や靴が取り扱われていない場合が多いのも、ネットショップで大きいサイズを買う人が多い理由です。大きいサイズを扱う実店舗も増えてきましたんけどね^^。

検索アルゴリズムとは?コンピュータ・アルゴリズムと人アルゴリズム

退行催眠で自己発見するサービスページ
退行催眠

2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
テキストリンクを増やす
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
SEO集客の「好循環」を生み出す「コンテンツ・被リンク・バランス」
2014年も「被リンクの量」がものを言う。被リンク効果実感は量に比例
画像リンクを増やす
オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
PR

センス


お中元やお歳暮はセンスを問われるものです。その品を選んだ人ではなく、その会社全体のセンスが問われるので、みんなできるだけセンスのいい品を選ぼうとします。ですので、アフィリエイトでお中元やお歳暮を取り扱おうと思っているのであれば、センスのいい商品を紹介することです^^。センスのいい商品を紹介していると、今後も参考にしようと思ってもらえます^^。そうすると、アフィリエイト収入につながります。それも安定したアフィリエイト収入につながるのです。ですが、一度でも期待を裏切ると、評判も落ちてアフィリエイト収入が期待できなくなりますので、センスのいい商品を紹介し続けるように気を遣わなくてはなりません。お中元、お歳暮を選ぶ人は、やはりセンスのいい物を贈りたいと考えて商品を選びます。その人たちのことを考えて商品を紹介していくのが大切です。商品を選ぶときは、大体相手の女性社員のことを考えて贈るようにしているので、やはりスイーツですかね^^。

池袋の催眠カウンセリングサービスサイト
池袋カウンセリング

グーグルSEOに強いWebサイト。高強度「サイトアーキテクチャー,コンテンツ,被リンク,更新」
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
重複コンテント(Content)セーフ、重複コンテンツContentsはアウト
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
新式のニュー衛星サイトと旧式のオールド衛星サイト。どちらが安全か
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
営業目的ブログとSEO集客目的ブログに分離。集客は機動、営業は人心
トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
順位SEOと集客数SEO。個々のURL順位に頼らず全体の勢い集客数に頼る

6月


今は2月下旬です。6月あたりのキーワードで対策すると考えているのであれば、そろそろ時期です。6月だとやはり傘やレインブーツ、可愛い河童、レインシューズ、湿気対策、お中元あたりですかね^^。今ぱっと思いつくキーワードとしては。お中元、お歳暮はどの会社も毎年苦戦していることだと思います。通常業務に加えて臨時の業務が入るわけですから、毎年悪戦苦闘です^^;。まずは商品が充実しているからカタログも分厚いですし、目移りしてなかなか決めかねてしまいますしね^^;(笑)。しかも途中から自分がもらいたいもの探しになりますから(笑)。うちは比較的時間があったので、商品選びの担当をしていましたが、注文して売切れと言われたときのがっかり感の後に襲ってくる焦燥感。ぎりぎりで品物選びを頼まれるの焦る焦る(汗)。次の候補も売切れだとますますね(笑)。そのカタログの届くのが一番忙しい人の元にだから、どうしてもギリギリだったのですよ^^;。

SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
ドメインオーソリティ高いと少ない被リンクで順位上る。標的キーワードで権威性高い独自ドメイン育てる
安定集客。内部SEOは前輪、外部SEOは後輪。2輪車(検索順位)は「前輪だけ」で安定して走らず
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か
「山」続きの我が人生。「高み」を目指すと次々と「山」が出現する
「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
短期間で検索順位を上げる
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO