忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

流行


メインブログに、季節の食べ物や飲み物の記事をいくつかかきました 。その季節の食べ物や飲み物の記事を書いてから2、3週間は経ちました。最初は全然アクセスもなく、検索もされることはありませんでした。ですが、2、3週間たったここ最近、アクセスがあるのです。しかも徐々に検索されるようにもなってきました。季節ものでも流行っている物でも、記事を書いてすぐに検索結果に反映されることはあり間s年。検索エンジンのクローラーがインデックスして、それからある程度期間がたってからでないと、検索結果に反映されません。ブログを立ち上げたばかりだとおなおさらです。季節物なのにその季節限定の商品や飲み物の販売が終了してからアクセスが増えるということもあります。よくあります(笑)。これは仕方のないことです。残念ながら・・・。季節ものというのはその年だけの商品が多いですから、来年に上位表示されれば・・・というのも通用しません。来年位表示されても食べれないし飲めないですもん^^;。

情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
「Bingで上位表示、Googleは検索圏外」原因。被リンク過剰パターン化
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い

悟りを開く「瞑想以外の方法」とは何か?大悟ブログ
悟り
悟り を 開く
真 我
本当 の 自分
PR

検索


今の時代、分からないことがあると検索エンジン経由で検索をする人が多いと思います。体の調子が悪いと、以前であれば病院に行っていたはずですが、今は病院よりまずネットで検索をします。しかし、インターネットからでは検索できない情報もあるのです^^。頑固な親父さんのいるお店などはインターネット上に情報をさらさないでしょうから、そのような頑固おやじさんにいる美味しいお店は自分の足で探したり見付けなくてはなりません。あまりインターネットでの検索ばかり頼っていては、大切な情報を逃している恐れがあるのです。電子機器とのコミュニケーションばかりではなく、人とのコミュニケーションを散るのもたまにはいいのではないでしょうか?^^。インターネット上の情報ばかりに頼らないで、自分の足で実際に歩いて見つけ出す情報や発見も素晴らしいと思います^^。デジタルな時代だからこそ、アナログも恋しくなると気があります。あまり無理しないで生きていきたいです。

黒田バズーカ砲の短期的効果は切れた。残るは日銀砲によるマネタリーベース拡大、中長期効果。円安圧力
なぜエンパワーメントが必要か?何でもセルフ志向な経営者は滅びる
購買目的キーワードは短期で新規売上あがる。情報収集目的キーワードの一部は中長期で新規売上に繋がる
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め

ヒプノセラピーサービス、催眠セラピストのHP
ヒプノ セラピー

出張専科の買取り・回収業者HP、松山市
出張 買取松山
処分松山
廃品 回収松山
液晶 テレビ買取松山

骨格の歪みを整体で治して骨盤矯正するサービス。梅田店HP
骨盤 矯正梅田
整体 梅田

FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難易度上がる。SEO未来予測まとめ
内部SEO対策はURL,サイト,ドメインの3段階。難関キーワードはサイトやドメインの内部対策必要


アクセス解析を見ていると、最近書いた記事よりも、以前書いた記事へのアクセスが多いようです。かといって一年前や半年前とかいうのではなく、前でも1か月前くらいの記事へのアクセスが多いです。最近の記事へのアクセスは、ブックマークをしてくれている人たちからのアクセスのみです。毛産駒エンジン経由でのキーワード検索での最新記事へのアクセスはめったにありません。検索エンジンのクローラーも、最新の記事への訪問はめったにありません。このクローラーがカギかもしれません。検索エンジンのクローラーにインデックスをされて初めてユーザーの目にお目見えできるわけですから。検索エンジンのクローラーが最新の記事をインデックスしてくれないことには、検索ユーザーからの最新記事へのアクセスはないわけです。クローラーが毎日来ているといっても、なぜか昔の記事にばかり訪問しているんですよね。なぜなのかはまだ分かりませんが、最新より前の記事の方が検索エンジンは好きなようです^^。

被リンク対策過程のURL順位推移。短期では予想外の動きを見せる。中期で対策した通りの結果に収まる
「お知らせTwitter」は無くす方向で進める。事業ごとに2つもアカウントは要らぬ
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象

催眠で過去情報に遡って前世を知る事は可能か?ヒプノHP
催眠前世

愛媛県松山市の大量ゴミ・粗大ゴミの回収業者HP
ゴミ 回収松山

検索順位を上げるには?コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
グーグル不動の上位表示コツ。高コストの強いサイトから被リンク獲得。強い衛星サイト,強い相互リンク
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
「新」はエイジングフィルターの対象、「新URL,新被リンク」等。「新⇒エイジ期間⇒古」で正当評価
SEO集客Blogは更新日(更新頻度)固定厳禁。集客Blog群全体で集客数固定
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
複数サイト間の記述重複問題と対策、オリジナル部分・共通部分・URL部分
地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦